ニュース

ライル・メイズの死因・死去原因や現在は?プロフィールやパットメセニーグループ経歴は!

ライルメイズさんが死去してしまったということで、ライルメイズさんのファンや、パット・メセニーグループのファンには本当にショックな訃報ではなかったでしょうか。

ジャズピアニストとしても活躍され、パット・メセニーグループではシンセサイザーの特徴的な音色でシンセサイザーでやったり、アコースティックピアノを多彩に使われていて魅力的な音声を奏でていました。

 

音楽シーンに影響を与えてグラミー賞は11回受賞されています。
世間的な評価も素晴らしいものながら。

ジャズ好きや音楽学校を出た人や音楽についている人からは訃報があったことをよく耳にしました。

ライル・メイズが亡くなった日にちや死因・死去の原因は

ライル・メイズさんが亡くなった年齢に驚きを隠せませんが66歳という若さで亡くなってしまいました。

 

音楽の偉大なる、著名人が亡くなっていくほどにショックを感じてしまいます

 

亡くなる時は愛する人達に囲まれて再発性疾患との長い闘いのせい2月10日に亡くなりました、ロサンゼルスでこの世を去られたようです

 

再発性疾患と発表されていますが、実際的な本当の病気は分からない状態です。長期的に闘病生活を送っていたようです。

パット・メセニー・グループのメセニーの声明

長期的な再発性疾患で亡くなられたということですが、実際の病名はまだ分かっていない状態です。パット・メセニーグループのメッセージが自分のウェブサイトでライブメイズの訃報を伝えていて三十年以上にわたり音楽にライルメイズと分かち合った全ての瞬間が特別なものだったと言っております。

一緒に演奏した最初の音からすぐに絆が生まれ後に幅広い英治と音楽的知識はあらゆる面において、彼が何者だったかを物語っていると語っていて、ライル・メイズとバンドとしてやってきたひとつひとつの経験は音楽を通して物語られてきたのではないでしょうか。

それだけ音楽でわかり合って分かち合ってきた人がいるということは素晴らしいなと感じます。

音を最初に出し合ったときから絆を一緒にデキる人と出会った。というのは素晴らしい経験を早くからされて、この人と言う人に出会ってこられたのですね。

そして作曲編曲を一緒にやられてきたということはそれだけわかり合ってきて絆が本当にあったからこそ。そんな相棒が亡くなったことは喪失感でしかないように感じます。

メセニーの今までそれだけ絆を感じて来れる人とやってこれた素晴らしさと、偉大な人をなくしてしまった喪失感に辛さを共感してしまいます。

パット・メセニーグループの音楽はメセニーとメイズの2人がほぼ全ての楽曲や作曲編曲を手掛けてきてジャズチャートの1位に輝いたり、メイズはグラミー賞を11回中傷されています。

グラミー賞11回重症されるというだけ聞いても本当に素晴らしいですね、グラミー賞1回撮るだけでも難しいことなのにそれを継続していき、それだけの仮装受賞されてきた経験や継続力、それだけの技術や人を魅力するだけの曲を作る、魅了するだけの曲をくり続けるというだけでも素晴らしいですね。

ライル・メイズの経歴プロフィールは

ライルメイズの経歴はライブメイズはウィスコンシン州生まれのピアニストの母親と、ギタリストの父親を持っています、幼少期の頃からピアノとオルガンを弾き始めて、ビル・エヴァンスやマイルス・デイヴィスのアルバムの大きな影響を受けています。

大学はノーステキサス大学に進学してライルメイズは作曲と編曲をし始め、その後ワンオクロックラブバンドというバンドを、大学の授業の一環として組んでいる、ビッグバンドのアルバムを出した時に、グラミー賞にノミネートされました。その時から才能は開花されており、そこから長期的に作曲家編曲家としての才能を発揮されてきました。

学生時代から音楽の才能を発揮されていて素晴らしい存在だったのですね。

本当に惜しい人をなくしたと感じます。

しかし長期的な闘病生活で大変な思いをしていたのかもしれません。

ゆっくり休んでほしい一心です。